消費者金融アルコシステム

消費者金融アルコシステムからカードローンに乗り換えた理由とは?

私が消費者金融を変える理由

私はお金を借りる時、初めて利用したのが消費者金融アルコシステムでした。アルコシステムの最大の特徴はインターネット特化の消費者金融という事で、普段から家でパソコンとインターネットを使う身としては最適な業者だったのです。

最初はインターネットから申し込めて店舗に向かわずとも使える金融業者という事で、とても重宝していました。どちらかと言えば私も出不精なのでインターネットから操作できるという利点は非常に大きかったし金利みたいな条件も良いと感じていましたが、私は主に使う消費者金融を変えることになるのです。

私が何故アルコシステムから他の消費者金融に切り替えたかと言うと、借りる度に審査が必要であり、その度に連絡などをするというのは非常に面倒だったからです。最初こそそれでも我慢して使っていましたが、いつしかそうやって使わないといけないと考えると徐々に疎遠になっていきました。

借り入れを使わない事自体は別に良いかもしれませんが、私はいつしか借りないと買えない物を目の前にした時に「お金を工面してまで買うのは面倒だからいいや…」などと思うようになってしまって、借りるという行為自体を渋るようになったのです。借りれば必要な物が変えるというのに、これでは損をしている事だってあるでしょう。

カードローンで借りれるようになればとっても手軽!

そして私はアルコシステムでの利用を止めて、他の消費者金融にて借りることにしました。その消費者金融が大手で信用できるという事もありましたが、やはり一番はカードローンにて借りれるという事でしょう。

カードローンというのは一度審査に通過してカードが発行されると、その後は自分が欲しい時に欲しいだけ、限度額内で好きに借りる事ができます。そして返済しても借入枠が残るのでそのままカードを使うことができますので、面倒な審査や連絡は一度だけで済むのです。

ちょくちょく借り入れを利用する私にとってこのカードローンという融資形態はとても便利で、おかげで今まで散々渋っていた借り入れを気軽に使えるようになり、有効活用しつつ欲しいものを無理なく購入できています。しっかり返していれば使えなくなる事はまずありませんので、とにかくカードローンというのは他の融資方法とは別次元の使いやすさなのです。

消費者金融のカードローンは使える場面が多いので、作れるなら一枚は常に持っておきたいところですね。

相続するときは借金も一緒についてくる!?

人が亡くなると、相続問題が発生します。残された人が相続しようとすると、借金があることが発覚!借金はいらないけど、家や不動産は欲しい…なんてことが通用するでしょうか?答えはNO!相続するときは、財産だけでなく、借金も一緒に相続することになってしまいます。プラスの財産だけ相続して、借金はいらないなんてことは通らないのです。

もちろん、相続できる額と、借金額を比べて、借金額がはるかに小さければ、借金を含めて相続した方がお得なのでしょうが、実際には借金額の方が大きいケースの方が多いのです。

借金は嫌だ、相続なんかしたくない!と言う人は、相続できると知ってから3か月以内なら、相続を放棄することができます。放棄の方法は、亡くなった人の死亡当時に住んでいた地区の家庭裁判所で放棄手続きを行うことです。裁判所に「相続放棄したい」と言えば相続放棄申請書をもらうことができますので、亡くなった人の除籍謄本、自分の戸籍謄本、印鑑、収入印紙などと一緒に申請書を提出するのです。

相続放棄の手続きは、無くなった日から3か月以内という、タイムリミットに加え、亡くなった人の除籍謄本をとりに、亡くなった人の本籍地まで行かないといけなかったり、裁判所まで出向かなけばいけなかったりと、かなり面倒な作業ではあります。もしも、亡くなった人と自分の住んでいるところが離れていた場合はかなり難しいかもしれません。しかし、これをやっていないと、突然、借金持ちにされてしまう可能性もあるので、なんとか処理しておきたいものですね。

複数の借金は借り換えですっきり!

おまとめローンと言うのを見たことがないですか?あれは、複数ある借金を一つにまとめ、支払っていくことを指します。

そもそも、複数借金があると、返済日がバラバラだったり、返済方法も違っていて、返すのが大変。遅延でもしたら遅延損害金も支払わないといけないし、信用情報にも傷がつきます。そういう借金をひとまとめにし、完済をスムーズにするためにおまとめローンは存在するのです。

おまとめローンを選ぶには、利息が低いところを選ぶと良いでしょう。これにより、今まで支払っていた利息分がだいぶ安くなることがあるので、お得になります。固定金利の所で借り換えると、数年先までの金利を見据えることができて急激に金利が上がるなどと言う危険を避けることが可能。また、月の返済額がきついなどと言う時は返済期間を長くとるだけで月々の返済が楽になります。経済的だけでなく、自分の借金を把握しやすくなるので、遅延などの予防にもなり、スムーズに返済しやすくなることでしょう。

確かに、金額が大きいので審査は厳しいですが、いったん、借り換えることが出来たら、完済への近道にのれたと同じことです。また、いくつもの所からの借金はイメージ的にも外聞的にもあまり好ましくないうえ、信用情報としても良くはありません。借金はなるべく一本化してしまって、早めに完済しておくのがベストと言えるでしょう。

一本化ですっきりしたところで、これ以上借金を増やさないために、消費者金融との契約は解約した方が良いでしょう。

消費者金融でのキャッシング。借入する前に危険性を知っておこう!

最近の消費者金融はとても便利です。担保もいらず、保証人も要らない。ATMで預金感覚で下せちゃいますし、コンビニとも提携して年中無休、いつでも利用可能です。

しかし、安易になりすぎたために、気楽に借金を繰り返す人が増えています。

当然のことながら、キャッシングは借金。借金には利息が付きます。借金慣れしてしまった人は、この利息のことが頭からすっぱ抜けてしまうことが多いようですね。借りた総額と、返済した総額を比べてみると、すごい差がわかって、びっくりすることでしょう。

もう一つ、会社選びを間違える人がいます。消費者金融はどこでも同じだろうと思って借りると闇金だったなんて話もちらほら聞きます。残念ながらチェックが甘かったとしか言いようがありません。全国規模のお店ならともかく、小さな無名の消費者金融は一度、ちゃんと登録されているのjかどうかをチェックした方が良いでしょう。借入先でその後借金生活が変わってきますので、慎重に借りたいものですね。

もう一つは信用情報。あまり、借入先が多いと、お金にだらしない人と見られてしまいます。そういう人は、計画性なしとみなされて、住宅や車のローンの審査が降りなくなってしまうこともあり得ます。また、返済が滞っている場合は遅延損害金も発生して、余計なお金を支払わないといけなくなることもあり、とても損をすることに。

消費者金融は上手に使えば便利で、いいパートナーなのですが、一歩間違えたらとんでもないことになりますので、慎重に利用するように心がけましょう。

お金を借りたい!消費者金融を利用するときの注意点

借金をしようとする時、消費者金融が選択肢に入ることがあります。銀行なら安心なのですが、消費者金融はピンキリ。より安全な消費者金融を選びましょう。

まずは、知名度。知名度が低い消費者金融よりは大手の方が安心です。これはサポート力の力とも言えるでしょう。金利が安く、何かあった時にはすぐにサポートしてくれる力がありますし、規模が大きいので、提携ATMが点在していたり柔軟な対応をしてくれたりします。また、知名度が高いと言うことは、利用者が多いと言うこと。危ないところはみんな避けますので、それなりに信用できるはずです。

もう一つ、注意しておきたいところは、ちゃんと登録されている業者であるかどうかを見ておきたいと言うこと。消費者金融会社は自治体に許可を受け、登録番号を発行されて初めて営業することが出来るようになっているので、この登録番号が無いところは違法営業とみなしていいでしょう。違法営業の消費者金融会社はいわゆる、闇金と呼ばれる悪徳金融会社。ここで借りたが最後、高い金利や、悪質な取り立てなどでボロボロになってしまう可能性がとても高いです。登録番号があるかどうか、その登録番号が本物かどうかをしっかりと確認してから利用しましょう。

最後に、当たり前のことですが、借りたお金が本当に返せるかどうかをきちんと考えて利用するようにしましょう。消費者金融で借りると、もれなく利息が付いてきます。それを含めて、遅延せずに返済できるかどうか、ちゃんと考えておく癖をつけておくようにするだけで、借金と上手に付き合うことができるようになりますよ。

借金するときに必要になる担保。どんなのが担保になる?

高額なお金を借りるときに担保を求められることがあります。これは、もしも返せなかった時は、この担保を使って返済に充てますよということです。担保には物的担保と人的担保の2種類があり、漢字を見てもらってわかる通り、物なのか人なのかで違ってきます。

物的担保は土地や建物、貴金属や預貯金、絵画などのある程度の値段になるものがあたります。昔は、これらを質入れし、担保としてお金を借りたりする質屋が主流でした。

人的担保は保証人と言うこと。もしも借りる人が支払いができなくなったら、保証人が払いますよという意味合いで担保として取られます。

担保が必要なケースは、冒頭にも記述したとおり、高額な融資で金利も高くはない場合です。万が一の貸し倒れを防ぐための担保ですので、貸す側が最低限、これだけでも回収できれば…と納得のいく評価のあるものが担保になります。

借入したい主婦に大人気。レディースローン

レディースローンという、存在を知っていますか?これは、女性専用のローンで、たくさんの金融会社がこういうローンを取り扱っています。ちょっと前から、このレディースローンは主婦に大人気。どういうところが主婦のニーズとマッチしたのでしょうか。

一つはプライバシーの尊重です。日本では普段、地域の方や子どもの学校関係などのコミュニティに参加するのは、旦那さんよりも主婦と言う家庭が多いもの。そのため、借金をしているところを人に見られる、知られるのが怖いと言う人は男性に比べて格段に多いのです。そのため、レディースローンでは、完全に人と会わないようにとか、見られてもわかりづらいようにするとか、プライバシーについて非常に気を配っています。ネットで申し込みからカード入手まで終わらせてくれる会社もあるほどです。

もう一つは、審査が楽なこと。審査が楽と言っても、収入に関してですが、かなり低い年収でも貸してくれます。それには旦那さんの稼ぎが含まれているからです。最近では多少厳しくなってきたようですが、それでもまだまだ、甘いですね。正社員をしている主婦がまだ少ない日本では、この審査の甘さは、主婦にとって、かなりの魅力になっていることは間違いないでしょう。

最後に、オペレーターに男性がいない!と言うこと。筆者もそうですが、消費者金融のイメージは怖い男性がいて、返済が滞ったら脅されて…なんて言う、いつの時代かわからないような陰惨なイメージ。そういうイメージを持つ人は少なくなく、特に女性だとどうしても腕力などで勝つ見込みがない分、恐怖をぬぐえない部分があります。ですので、窓口やオペレーターを女性にして、安心感を与えているのです。また、主婦ならではの借金の悩みは男性には言いにくいものがあります。例えば妊娠出産婦人病に関わることでの病院代などの話、友人関係の話、夫婦関係の話など、同じ女性目線で立ってもらえるのはありがたいこと。こんな話、するわけないじゃん。と思うかもしれませんが、返済に詰まることがあった場合、理由を申請するときに話さないといけない可能性があります。その際、男性だったらありのままを言えないでしょう。女性なら何となく、言えるような話も男性には言えない、理解してもらえないなんてこともあります。また、夫に内緒の借金だった場合も同様、男性だと「夫目線なんだろうなあ」なんて思ってしまって罪悪感を伴うことも。そういったことから女性を配置して、利用しやすくしているのです。

これだけ利用しやすくなっているレディースローンですが、利用しやすいがゆえに、借金で見持ちをつぶす人もいるのも事実。いくら利用しやすいからと言って、際限なく使っていいわけではありません。ちゃんと自生して、計画を立ててから利用するようにしましょう。

あなたは借りられる?消費者金融での借金可能な年齢

大抵の消費者金融が借金可能と言っている年齢は18~65歳。単純に言えば、この年齢に到達しておけば、借金は可能と言うこと。しかし!実は消費者金融は結構年齢を重視するのです。

たとえば、18歳になったばかりの新卒社会人と32~3歳の勤続年数もしっかりしている社会人では断然32~3歳のほうが有利です。また、65歳と40歳では40歳の方が好まれるでしょう。借金可能年齢とは言いますが、背景には返せるかどうか?と言うことを見られますので、「ぎりぎり借りられるかもしれない年齢」と言っておいた方が無難です。

消費者金融は年齢を見て様々なことを予測します。例えば、18歳の人なら『もしかしたら世間知らずで借金を甘く考えているかも』40歳代の人なら『子供にお金がかかる年齢なんじゃないか』、60歳を過ぎたら、『健康になんの問題もないのか?』などなど。こう考えてみると、20代中ごろ~30台中ごろまでが、消費者金融にとって安心する年代のようですね。

とはいっても、やはり、年齢だけですべてを見るわけではなく、ちゃんと他のことも含めて審査されますので、絶望的と言うほどでもないです。収入がきちんとしている、大手に勤めているなどなど、良い条件てんこ盛りなら、年齢なんてどうとでもなるでしょう。年齢が審査に少なからず影響するのは確かですが、最低年齢、最高年齢の範囲内なら、自分の年齢のデメリットをカバーするだけで借りることができるようになります。

クレジットカードでお金を借りる?それってどういうこと?

クレジットカードを現金化するには2つ方法があります。まず、一般的なのはクレジット機能と、キャッシング機能が一体化したカードを持つことです。クレジット枠とキャッシング枠が別々になっていればなおよく、クレジットを目いっぱい使った後でもキャッシングができます。しかし、注意したいのは、使いすぎてしまうこと。上手に使えばとても便利なのですが、あっちがダメならこっちと言う具合になかなかコントロールができない場合もありますので自分自身で注意しながら上手に使いましょう。

もう一つはショッピング枠の現金化。最近、よく、ネットなどで目にするのですが、ショッピング枠を現金化して分割で返済していくと言う方法。利用する人も多いようですが、注意してほしいのは、それって違反じゃないのか?と言うことです。クレジット契約をする時に約款がありますよね?そこに、現金化を禁止する旨が記載されているはずです。そもそも、クレジットカードは、買い物をした時、後払いができるようにと作られたもの。それを現金化してしまっては意味がないですよね。とにかく、クレジットのショッピング枠現金化は会員規約違反。カード利用を停止されたり告発されることだってあり得ます。堂々と広告を出しているので、合法と勘違いしてしまいそうですが、絶対にしないでください。絶対にダメです。

以上を見てわかるのは、クレジットカードで現金を作るには、キャッシング枠がついてないとムリと言うことですね。

トラブル回避!借金の契約は形に残そう

消費者金融などの金融機関に借金するときは借用書を書きますが、身内や友人に「お金貸して!」と言われた時はなかなか、そんなことをする人は少ないですよね。でも、ちょっと待ってください。例え、友人知人、親兄弟であっても借用書は書いておいた方が良いのです。

理由は簡単。トラブル回避のためです。口約束だと、借りた借りないなどの争いになり、結局はうやむやに。そうなると貸したお金も戻っては来ません。あげたつもりで貸さないとトラブルになるでしょう。

もう一つは贈与税の関係。契約書もなく、お金が動いたとしたら、税務署は「人から人へ贈与されたお金だ!」とみなします。贈与税は、税金の中でも税率が高い部類に入る税金。こっそり渡せば税務署にはわからないと思うかもしれませんが、結構な確率でばれているのです。贈与税を支払わなくて済むようにするにはどうしたらいいでしょう?

答えは簡単。ちゃんと借用書を作って置くことです。借用書には、現実的な返済方法をしっかり書いて判をついておきましょう。さらに、返済実績も必要です。この実績は、何か言われた時に証明するために、銀行振り込みにしてもらっておいた方が良いでしょう。ちゃんと返済している記録が通帳に残るわけですから、借金であるということが認められやすくなります。利息も多少は入れておいた方が良いです。あまりにも安い利率など、借りる人に利益が大きいと、贈与と同じ意味だとみなされてしまうことがあるので要注意です。踏み倒しだけでなく、こういった税金関係にも影響してくるので、借用書は必須だと言うことがわかりますよね。

借金はさっさと返そう!ボーナス使ってお得に借金返済!

借金はさっさと返した方がお得。それは利子に関係してきます。利子はたいてい、日割りといって、1日ごとに付くようになっています。ですので、1日早く完済すると、1日分の利子が、1週間早く完済すると1週間分の利子が浮くことになるのです。毎月コツコツ返済するのと、ボーナス返済を組み込むのとでは、元金の減るスピードが違うのでもちろん、返済が早くなると言うわけです。

例えば、年利18%で100万円を借入した場合、100万円借りたら年利は18万円。年に18万円、余分に支払わないといけないことになります大体、1カ月に15000円の利子も一緒に支払うことになるので、月の返済額は最低でも3万円くらいは必要になってきます。コツコツ毎月返済型が4年かけて返済するケースと、ボーナスを組み合わせて2年で返済したケースでは36万円もの差が出ます。もっと僅差で考えてみても、1か月早く支払えば1万5000円、2か月で3万円、3か月で4万5000円の差。けっこう大きな額だと思いませんか?

もちろん、コツコツ返済のメリットだってあります。ボーナスを自由に使えるので、返済中も余裕のあるお金の使い方ができますし、貯蓄もできるでしょう。一方、ボーナスを使ってしまうと、その後の生活が苦しくなったり、しばらくは旅行などとは無縁の生活になってしまいますね。しかも、この不況の世の中、いつまでも同じ額のボーナスが出続けると言う保証はありません。ですので、ボーナス返済が絶対いい!とは言い切れない部分はあるのですが、金額的に考えると、さっさと返した方が明らかなのは確か。ムリのない範囲で早めに返済していけるように、返済プランを立てましょう。